Band@RAG
バンドをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

ライブを盛り上げるかっこいいステージングのコツ

「かっこいいステージを演出したい!」

「ライブを盛り上げたい!」

とお考えの方に少しでもヒントになれば幸いです。

ステージング = 音を「見せる」

ライブステージは「大きな音」「派手な照明」などで構成されることが多く、音だけではなく「見せる場」としてもバンドは演奏と同時にビジュアル面の演出をします。

それらのことを一般的に「ステージング」と呼びます。

今回はどんなジャンルや形態のバンドでも活用できるステージングのコツをいくつか紹介しますね!

ライブを成功に導くステージングのコツ

正面を向く

ステージングこれは舞台に立つ上では基本中の基本ですね!

楽器を触っているとどうしても横や後ろを向いてしまったり……スポットライトが当たっていて「まぶしい!」と感じて前を向けなかったりするかもしれませんが、お客さんの目はステージに集中しているんです。

正面を向くことを少し意識するだけでも、ライブ全体のステージングはグっと良くなりますよ!

自分たちの音を理解する

ライブハウスなどの客席では、バスドラやベースの音など、普段なかなか体感できないぐらいの低音が鳴っています。

ステージの上ではイメージがわきにくいかもしれませんが、客席は「自分たちの想像以上に低音に迫力がある音」なので、その音とステージ上の景色が一致すればより迫力のあるライブになるでしょう

  • リズムに合わせてヘドバンしてみる
  • 手拍子やハンズアップをあおる

などのステージングは会場にも一体感が生まれ効果的です。

おすすめの記事あわせて読みたい